初回会員登録で500ptプレゼント

売れ筋ランキング

No.1
ラップフィルム シリーズ
1080
乗用車、スマートフォン、ノートPC等デジタルガジェットの装飾ラッピングにも適しています。 ラップフィルム シリーズ
No.2
<スコッチティント>ウィンドウフィルム NANO80S
そろそろ紫外線の気になる季節。視界を遮らない透明断熱フィルムで、窓辺を安全&快適に NANO80S
No.3
ディフューザーフィルムお試しセット A4サイズ2枚×2
高光拡散性を有する白色の塩化ビニルフィルムです。 >ディフューザーフィルム
No.4
<3M>製 貼付道具
スキージー 3個セット
窓用フィルム・スコッチカルなど貼り付け作業がより快適に! スキージー 3個セット
No.5
<スコッチティント>カーフィルム ピュアカット89
運転席&助手席の紫外線&熱線をカットして快適なドライブを! ピュアカット89

★台風の影響による荷物のお届けについて★
台風19号の影響にともなう道路規制などの状況により、一部の地域でお荷物のお届けに遅れが生じております。予めご了承ください。
★ラップフィルム1080シリーズについて★
1080シリーズの一部製品から在庫限り2080シリーズへと切り替わります。表面に保護フィルム付きとなり、柔軟性が上がっております。
ご注文時1080が在庫切れの場合、自動的に2080を出荷させていただきます。ご了承くださいますようお願いいたします。
反射シート983シリーズ規格変更について
983シリーズは在庫限り55㎜幅から53.5m幅へと切り替わります。性能の変更はございません。
ご注文時55㎜幅が無い場合、53.5㎜を出荷させていただきます。ご了承下さいますようお願いいたします。

オートフィルム、カーフィルムの貼り方

カーフィルムの施工で一番難しいのは、リアガラスの曲面の施工です。
一昔前までは、数枚に分割して貼っていましたが、最近は1枚での施工が可能になりました。 通常のフィルム(ステッカーなど)は、熱でフィルムを伸ばして曲面に貼付けるのですが、 窓用フィルムは、伸びが非常に少ないフィルムなので伸ばして貼るのは大変困難です。
窓用フィルムは、伸ばして貼るのではなく収縮させて貼り付けます。
まずは、フィルムを貼る前にガラスの曲面にあわせフィルムを成形作業をします。
裏紙を剥がさず窓の外側面を使い曲面に合わせて収縮をおこないフィルムを成形します。

用意するもの、施工液

収縮前のフィルムと収縮ごのフィルム

施工手順:施工する車の窓のサイズを測る

フィルムを窓サイズにカットする(少し大きめに)

ガラスの表側の面を清掃する

ペーパータオルに施工駅を湿らせガラスに塗る(H形に塗るのがコツ)

ガラス表面にカットしたフィルムを裏紙を表にしてガラスに貼りつける

フィルムの位置を合わせ、フィルムの角をハサミでマルクカットする

>>> ページTOPへ

ガラスと接していない部分をヒートガンで熱風をあて収縮させ密着する

ある程度密着させたらフィルム表面と裏面に施工液を散布する

Aのゴムへらを使いガラスの中心から上下にしわを逃しながら密着させる

フィルム成形の仕上げ

>>> ページTOPへ

油性ペン(白か黄)でガラスの正確な形を書く

油性ペンで書いた通りにカッターでカットする

ガラスの施工面を洗浄する

フィルムの裏紙を剥がしながら施工液を散布する

>>> ページTOPへ

フィルムをガラス面に合わせる

フィルムの表面にも施工液を散布する

仕上げ:Aのゴムヘラで軽くガラスとフィルムの間にある施工液を抜く

完成

>>> ページTOPへ
<製品一覧>
パンサーシリーズ IRスモークシリーズ
ピュアカット89 クリスタリンシリーズ